FC2ブログ
映画に音楽に漫画に
好きなことをおすすめしているブログです。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手紙 スタンダード版 |山田孝之
手紙 スタンダード版手紙 スタンダード版
出演:山田孝之 /玉山鉄二 /沢尻エリカ /吹石一恵 /風間杜夫
日活
発売日 2007-04-27


弟の大学の学費のために盗みに入った邸宅で、誤って女性を殺してしまった剛志。千葉の刑務所に服役中の彼の唯一の支えが弟の直貴から来る手紙。しかし、兄が受刑者というだけで、差別され、仕事も転々とし、恋人にもふられ、夢さえ打ち砕かれてきた直貴。兄を思いながらも、その存在の大きさ、罪の大きさに彼は押しつぶされそうになる。そんな彼が所帯を持った。守らなければならない妻、子どものために、直貴はある決心をした。
直木賞作家・東野圭吾が描いた小説をTVドラマでおなじみのヒットメイカー生野慈朗が映画化。加害者の家族を主人公にする大胆な試みだが、登場人物の心情にきちんとよりそい、ときには心にグイグイと入り込む演出は、罪を背負って生きる兄弟のドラマに見るものを釘付けにする。陰のある役がよく似合う山田孝之が、兄への思いと妻と子への愛の間で苦しむ直貴を熱演。意外にもさわやかなイメージの玉山鉄二が受刑者の兄を淡々と演じながら、最後で泣かせてくれる。ひとりの人間の犯した罪により、家族がどんなに苦しむか。そこから生まれる差別との闘いのドラマは確かにヘビーだが、弟の怒り、哀しみ、諦めなどの感情がうなりをあげて見る者の感情をゆさぶり、目が離せない 。まさに感動作だ。(斎藤 香)

子供に見せたい 2007-10-13
購入したいと考えたのは、子供が年頃になったら見せたいと考えたからです。
加害者にも被害者にもなりうる昨今。
加害者家族からの視点で大変詳しくストーリーが描かれています。

この物語を見て。
かつて実際に起きた某幼児誘拐殺害事件の加害者家族が破談になったという記事を思い出します。

数少ない出演でしたが玉山鉄二の演技が素晴らしく、泣けました。

しかしやはり沢尻エリカの関西弁には…関西人には受入れ難い違和感を覚えますが。
強い女性を演じる上ではあっていたように思います。



さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。